入学式

今日は多摩美の入学式だった

受験が終わって父親の余命宣告を受けてからの一か月半暮らした叔母ともお別れ

久々に一人になってしまったら、妙に悲しくなってしまう

高校の入学式では、友達ができるかどうかが不安でたまらなかったけど、大学は個々で動く場であるために孤独感は少ない

とにかく新生活の準備、リズムつくりに忙しい

履修登録やら画材買い揃えやら、寮生活においての生活用品の買い揃え、生活規則の確認、などなど、一日に2個も3個も用事があって、たぶんこの多忙さならすぐにGWだろう。

父親が死んだという事がようやく身に染みてきた 父親の存在と死の距離感がつかめない

GWに帰って来るなら と父は言ったけど その未来はなくなってしまった

今日、親がしていた録画予約を全部消した 

もう見ることもない